遠距離恋愛の末路

常時いっしょにいた恋人が急に仕事で異動してしまう、というエピソードならありがちで私なら大丈夫だと思って遠距離恋愛が始まったものの一方通行となってしまいやすい。

いよいよプロポーズという気持ちだったのにと究極の決断を迫られるというパターンはありがちです。

素敵な女性、あるいは男性との出会いがあったり、相手の浮気は多くの人が心配してしまうことです。

けれど、恋人のことを固く信じ絶対疑わない、あなたの不満についてすべて相手にわかってもらうことこそ大切で、破綻しない恋人関係でしょう。30歳間近とは、結婚願望が出てくる年代だと思います。

遠距離恋愛のままの状態でいるのか、お付き合いをやめるか、あるいは逆転してゴールインできるのかはお互いにお互いを信じられる関係性かどうかにより全然違うものになるでしよう。

理想の恋人なんているのか

浪費癖が直らない男性も以前交際しました。彼氏はギャンブルにハマり、夢中になりすぎて借り金がどんどん膨らんで歯止めがきかず恋人の貯金にまで依存する質でした。

出会った頃はどれだけ誠実だとささやかれている異性でも一緒にいてみないと本当の性格まではわからないものだと思います。

以前した失敗の中でも感情に流されてしまう部類の人も見受けます。つまりDVのことです。

このタイプは女性が非常に苛まれてしまいますが暴力をふるった後、泣きながら謝る異性というのは打って変わって穏やかになるのでまやかしの態度に陥れられている女性は別れられなくなることもあるようです。

相手が全て責められるだけではなく、一緒に失敗した女性側に注意すべき一面が隠れていたのでしょう。

二人とも何度も同じ間違いをおかさないためにも、根本的に考えると自身を成長させ、同じようなことを絶対しないという強い意志が極めて重要なのでしょう。

22歳 童貞 卒業